WORKS

“Balance”Maya

STORY

ブログにも登場しているLikeLikeの店主、ナカオさんにアイディアを貰って一緒に造った物件です。

場所は、高尾通4丁目。

元々は、専用通路の2区画になっていたものを、1つにまとめ直して造りました。

そのため、土地の形はT型という特殊なもの。

宅地内に高低差もあり、独特な物件でしたが、

それを活かして、遊びのある庭を造ることができました。

 

 

2階の居室の一つには、1920年代のアメリカの木製シャッターをアクセントに、

建具も同じ年代で揃えました。

床は普通のフローリングだと浮いてしまうので、サイザル風に編んだカーペットを。

使い易さも考えたデザインのバランスです。

その他の部屋を真っ白な建具にすることで、くどすぎないいい塩梅に仕上がりました。

LDK続きの洋室の天井には、北米産のレッドシダーを貼りました。

こちらも建具を真っ白にすることで、色むらをアクセントにしています。

 

 

個性の強いモノたちをバランスよく使う。

今回のテーマは、ナカオさんと共にこのほどよい「Balance」を意識して造りました。

DETAIL

建設         神戸市灘区高尾通4丁目
敷地面積     178.75㎡(54.07坪)
建築面積     54.27㎡(16.41坪)
延床面積   107.73㎡(32.58坪)

PROBLEM
  • 土地の形がT型で、宅地内に高低差がある。
  • 用途地域が一種低層住居専用地域で、非常に厳しい。
SOLUTION
  • 高低差の間にあった古い擁壁を壊し、新設擁壁を一部組むことで、建物用の宅地を広げた。
  • 既存擁壁との絡みもあるので、低い土地の部分はそのまま残し、広い庭とした。
  • 桁落ちが発生するため、2階を居室として、LDKは桁落ちしないようにした。
CRAFTMAN
大西

Share