WORKS

“sakuramori”Okamoto

幅1200の大判タイル。大きな空間に映えます。

桁落ち部分を使って間接照明を仕込みました。

優しい色合いの塗装をベースに濃い色で締めた外観。

表面の平滑性と美しい水平ラインが際立つ金属サイディング仕上げ。

桜色の外壁を黒に近いブラウンで締めました。

LDK続きの和室は、子供を遊ばせたり、来客時にもフレキシブルに使えます。

リビングのアクセントにアンティークの上海青レンガを。アンティークならではのばらつきに、施工者の腕が光ります。

洋室続きの和室は、和風になり過ぎないデザインで。メタルデザインのクロスをアクセントに。

STORY

岡本は、古来から「梅は岡本。桜は吉野。みかん紀の国。栗丹波。

と詠われた、梅の名所でした。

なのに、あえて「桜守」。

 

ちゃんと理由があります。

 

阪急岡本駅から少し西に歩くと、住宅街の中に溶け込むように現れる「桜守公園」。

ソメイヨシノだけではない、様々な桜を愛でることの出来る、桜の名所です。

ここは、水上勉の小説「桜守」のモデルにもなった笹部新太郎氏の邸宅でした。

笹部氏は、桜の研究者で、特に日本古来種の保護育成に尽力し「桜博士」と言われた人物です。

(でも、元々は東京帝国大学法科大学政治学科を卒業して、

犬養毅の秘書をしていたというから、また凄いです。)

大阪造幣局の通り抜け、吉野の桜、

夙川公園の桜などの管理、指導を行ったといいますから、

関西に住む人間であれば、一度は笹部氏の桜に触れているんでしょう。

 

そんな桜をテーマに、落ち着いた優しい、けれど幹の力強さといったイメージを

それぞれに持たせてデザインしました。

DETAIL

建設         神戸市東灘区岡本5丁目
敷地面積     78.13㎡(23.63坪) ・ 70.48㎡(21.32坪)
建築面積     54.67㎡(16.53坪) ・ 42.52㎡(12.86坪)
延床面積   105.54㎡(31.92坪)・110.89㎡(33.54坪)

PROBLEM
  • 第一種低層住居専用地域という厳しい用途地域。
  • 1棟にするには大きすぎ、2棟にするには少し小さい土地面積。
  • 前面道路が4mしかないため、道路斜線が厳しい。
SOLUTION
  • 角地のメリットを活かし、角地緩和を適用して建てられる面積を増やした。
  • 指定建築物の届出を行い、3階建てを建てられるようにした。
  • 桁落ちしてしまう場所は、間接照明などで低さを感じさせないデザインとし、そのまま勾配成りに天井を上げて、広がりを感じさせるように工夫した。

Share