WORKS

GRANITE mikage

スポークチェアとリビングタイル。

ガルバリウム鋼板と塗装の外壁。

ダイニングにはバタフライスツール。

キッチン腰壁のモザイクタイルは、丸みのあるコーナー役物で仕上げました。

重厚な色合いでまとめたLDK。ロッキングチェアと。

間接照明で、重厚感の中に柔らかな光を。

本当の大理石では出来ないデザインも、タイルなら表現できます。

STORY

場所は、東灘区御影3丁目。

新田川沿いの物件です。

この、新田川。

もう少し下ると、石屋川に合流します。

石屋川の名前の由来ご存知ですか?

御影の名で有名な花崗岩、御影石。

元々、この上流にある六甲山で切り出された御影石を加工する

「石屋」が川沿いに軒を連ねたことが由来と言われています。

御影石は、花崗岩の別称です。

花崗岩は雨風に強く、風化しにくいことから、

古くから石材として利用されてきました。

磨けば磨くほど輝きが増す、美しい石。

住宅では、外壁や玄関アプローチ、キッチンタイル、キッチン天板

など、いろいろな場所に使われています。

 

そんなことから、今回のテーマは「GRANITE mikage」

「GRANITE」はそのまま花崗岩の意味です。

御影石のように、半永久的な存在でいて欲しい、という思いを込めてつけました。

落ち着いた色合いのデザインと、

玄関廻りには磨きとバーナー2種類の仕上げの御影石を使用しました。

 

また、今回から「天童木工」とコラボ、という形で

少しずつですが家具を入れています。

DETAIL

建設   東灘区御影3丁目

敷地面積 75.50㎡(22.83坪)  ・ 89.43㎡(27.05㎡)

建築面積   44.95㎡(13.59坪)・ 40.60㎡(12.28坪)

延床面積 121.50㎡(36.75坪)・105.39㎡(31.88坪)

PROBLEM
  • 間口はあるものの、どちらも土地の形がいびつ(三角形)
  • 南面は擁壁に面しており、必要以上に近づけることができない。
  • 北側道路に面しており、前面に大きなマンションが建っている。
SOLUTION
  • 奥行きがなく鋭角の頂点部分は、ガレージに使用。
  • 居室の形を優先して間取りを配置し、クローゼットや水廻りの細かい角を効率的に配置。
  • 道路面の北側は重視せず、川沿いで明るい南側へ開く間取りにした。

Share