WORKS

“Akaneiro”Shinohara sideN

屋根に沿って、勾配天井にしました。広がりを持たせる工夫です。

桁落ち部分を使って、間接照明を仕込みました。

間仕切りのアクリル扉を開けると一体的に使える、洋室。

グレーメタリックの金属サイディングと濃いベージュの塗装。

小さな手洗い器は、今回絶対につけたかったもの。大きな玄関収納には、コート掛けも。

アクリル扉を閉めれば、集中できるワークスペースに。

ガラスモザイクタイルで仕上げたキッチン腰壁。

フラットではなく、敢えて手元が隠れるように設計しました。

キッチン横のパントリー。ストック類をすっきり収納します。

STORY

摩耶山から流れる杣谷川。

六甲山から流れる六甲川。

六甲が六甲である所以の山々から流れてくるこれらの川。

その後この2つは合流し、灘区民の憩いの場、都賀川となります。

そんな、杣谷川を望む場所にあるのが、この物件です。

子どもたちが通う保育園の川向かい。

思い入れのあるこの場所で、事業が出来ることを嬉しく思います。

 

夕陽に照らされて美しい茜色に染まる。

徐々に青く、そして漆黒へ。

そんな色の移り変わりを感じられる家になればと思い設計しました。

 

少しずつ、アイクラーのデザインがまとまりつつある今日この頃。

この物件は、私のこうだったらいいなという理想を、

間取りにもデザインにも取り込んだ物件になりました。

幅2400を誇る玄関収納は、コートなんかを掛けるスペースや、

ボールやベビーカーを土間からそのまま入れることのできるスペース、

そして大容量のシューズスペース。

玄関入ってすぐに、手が洗えるコンパクトな手洗い器。

キッチン横には、充分な量のパントリー。

LDKに続く洋室には、在宅勤務や子供の勉強に使えるカウンターと床暖房。

キッチンは、フルフラットも可能でしたが、使いやすさを重視して、手元が隠れる設計に。

アイクラーらしい、ガラスモザイクタイルで仕上げました。

DETAIL

建設         神戸市灘区篠原北町4丁目
敷地面積     114.71㎡(34.69坪)
建築面積     55.89㎡(16.90坪)
延床面積   113.53㎡(34.34坪)※ガレージ含

CRAFTMAN
大西

Share