WORKS

“Argha”Oji sideW

キッチンの腰壁はブルーのガラスモザイクタイル。

グレーの金属サイディングとグレージュ塗装でまとめた外観

階段下を利用したSIC。ベビーカーも収納できます。

石目の美しいタイル。

LDKの一角にワークスペースを造りました。

ロールスクリーンでワークスペースを間仕切り。

木目天板のカップボード。シンプルでいて、まとまりのある色彩です。

LDK横の手洗いスペース。ヘリンボーン調のクロスがアクセントに。

グレーとオークの建具の相性は抜群です。

少し青味がかったライトグレーの壁。

STORY

赤坂通の名前の由来はいくつかありますが、

「閼伽」の流れる坂、という意味があると言われています。

「閼伽」とは、仏教用語で水(功徳水)のことです。

サンスクリット語のarghaの音訳で、

「価値あるもの」の意味で、客人を接待するにもっとも必要な水を意味し、

転じて神に供える捧げ物の意味となりました。

 

哲学の創始者と言われる、古代ギリシアのタレスは

「万物の根元は水である」

と説きました。

これは、単純に物質の事を指している訳ではなく、

無限の変転するエネルギーを象徴していた、という説があります。

(色々な考え方がありますので、あくまで一説)

 

無限の変転するエネルギーなる「閼伽」の流れる坂。

今回は、その語源から「argha」と付けました。

 

この物件は、着工前に購入を決めてくださったので、

少しお打合せをしながら、仕様を変更して造りました。

生活の考え方が私と共通していたので、イメージが湧きやすく、

ご提案も含め、色々とお話をさせていただきました。

DETAIL

建設:神戸市灘区赤坂通7丁目

敷地面積:65.46㎡(19.80坪)

建築面積:42.93㎡(12.98坪)

延床面積:117.03㎡(35.40坪)車庫含む

PROBLEM
  • ゴミステーションが隣接。
  • 横断歩道が目の前にある。
  • 西面・南面道路と敷地の高低差が大きい。
SOLUTION
  • ゴミステーション・横断歩道・高低差、すべてをクリアできる駐車スペースを確保。そこから、プランを計画した。
  • 導線の都合上できてしまう空間は、無駄に広く残すのではなく、収納を造り、片付くスペースにした。
CRAFTMAN
大西

Share