WORKS

“Kagen” Rokko

STORY

篠原中町4丁目。

主要道路から少し入ったこの物件。

道路の喧騒から離れた、静かな住宅街です。

前面道路が少し狭いので、ガレージとなる前面空間をいつもより多めに取りました。

 

私が設計や内装デザインを考えるときに大切にしていること。

それは「匙加減」です。

分譲住宅は作品ではありません。

住んでくださった家族の家です。

だから、やり過ぎない。

アイクラーらしくありつつも、

引き渡す時は少し足りないぐらいがちょうどいい。

生活していく中で、それぞれの家族の色に染まった時、

仕上がったと言える家。

だから、アクセントに少しのイスや照明を入れても、

敢えて全体に家具や小物のコーディネートを入れて飾り付けたりしません。

私たちが造っているのは、”ライフスタイル”ではなく、

家族が笑顔で過ごせる生活の場所、ただそれだけです。

 

勿論、笑顔でいるための使い易さは出来る限り重視します。

広めの玄関ホールに、手洗い器。

水廻りを集約させた2階のLDK。

細々したものを収納できるリビング収納。

(正直、私がものすごく欲しいものばかり)

 

そんな、匙加減、”Kagen”に拘った物件になりました。

着工前に決めて下さったので、アクセントクロスやカップボードのカスタマイズもお請けしました。

DETAIL

建設地  神戸市灘区篠原中町4丁目

敷地面積 76.11㎡(23.02坪)

建築面積 44.55㎡(13.47坪)

延床面積 114.51㎡(34.63坪)※ガレージ含む

PROBLEM
  • 前面道路が狭い。
  • 高度地区が1種と3種に跨っている。
SOLUTION
  • 建物を通常よりも道路面から下げて配置して、車を止めやすいようにした。
  • 厳しい制限のかかる1種高度部分を避けて3階部分を計画した。
CRAFTMAN
松本

Share