WORKS

Compacter Nada SideN・SideS

STORY

従来の日本人は限られた空間の中で

必要なものを大切に厳選して持っていたと思います。

いつしか物に溢れ、物のための空間が必要となり、

必要以上に大きな家が必要になってしまいました。

断捨離から始まりときめきの片付け、シンプルライフ・・・

そしてミニマリスト。

昨今のこういった考え方の流れは、

かつての考え方が見直されてきたのかもしれませんね。

必要なものを選び、旅支度するようにシンプルに暮らす。

 

そんな、Compacter シリーズの第4弾。

JR摩耶駅が開業してから早6年。

駅ビルや周りのマンションの開発が進み、年々人気の高まるエリアです。

土地の間口の加減から、前と後ろの2区画に分けた本物件。

専用通路のB号地は、外観からは想像できない明るさと開放感を実現させました。

無駄なスペースを省くために壁付けにしたキッチンは、

振り返れば1歩で配膳が出来る、実は何よりも楽なレイアウト。

ダイニングテーブルをカウンター替わりにすれば、

子供と一緒に作業もできます。

勿論、勉強中の子供の様子も簡単にわかります。

アクセントにもなるように、キッチンの面材とタイルにも拘りました。

リビングの大きな面には、白レンガタイルで圧迫感を出さずにアクセントを。

今回は、普段シルバーにしている取っ手から、キッチンのレンジフード、コンロ、

階段前の引き戸枠・・・

すべてをブラックで統一させました。

狭小住宅の極意は、多機能性。

ウォークインクローゼットの中に、カウンターを設けて、

必要があれば書斎としても使用できるようにしています。

DETAIL

建設地  神戸市灘区灘南通3丁目

敷地面積 50.04㎡(15.13坪)・63.46㎡(19.19坪)

建築面積 31.18㎡(9.4坪)・31.99㎡(9.67坪)

延べ面積 89.77㎡(27.15坪)※ガレージ含む・88.08㎡(26.64坪)

PROBLEM
  • 前面道路が狭い。(セットバックしても少し足りない)
  • 敷地が小さく、それぞれ建築面積は10坪に満たない。
SOLUTION
  • お互いの土地、及び隣地の間に、車庫入れ時に敷地を踏むことのできる協定を結び、車庫入れをしやすくした。
  • 対面キッチンに拘らず、レイアウトしたときに一番無駄のない配置を考えた。
CRAFTMAN
木村

Share