WORKS

Brother Foot Higashiosaka

STORY

元々連棟の長屋が建っていたため、切り離したその土地は間口が少し狭く、奥行きの長い独特の形状でした。
ご夫婦のご希望は、明るく間口の狭さを感じさせない家。
また、お近くに住むご両親のご要望も取り入れながら設計しました。

道路から離れた奥の部屋は暗くなりがちなので、周りの建物との兼ね合いを考えながら窓の配置。
通常よりも広く取った玄関ホールや廊下・階段は、間口を感じさせない広々とした空間を演出することができました。
大きなキッチンでは、毎日の作業がより効率的に、楽しくなるような奥様のこだわりが詰まっています。
扉や取っ手、クロスにも奥様のセンスが光るおうちです。

Share

CATEGORY

RECENT POSTS