WORKS

Pray Hands Takatori

落ち着いた色合いのネイビーとこげ茶の木目。それだけでは寂しいので、アクセントにレンガ色を。

バルコニーの角は、R状にしました。

玄関に圧迫感が出ないように、フラットバーの手摺りで開放感を。色は、外観のレンガ色。奥に見えるのはテーパーカットされたタイル。

杉の無垢板を壁に貼って、アクセントに。クリア塗装のみで、木目を愉しめるようにしました。

キッチン周りは、すべて木目にするとくどいので、外観と共通するネイビークロスを。

優しい色合いのローズブラウンとアクセントのオパールグリーン。

玄関ホールに圧迫感がでないように、こちらはガラスをはめ込んで視線の抜けを造る。周りは、ホワイトベースの柄クロス。

外観のアクセントと共通させたグリーンのタイル。

リビングは落ち着いた色ながらムラの大きいタイルを使用。

トイレがLDKからダイレクトに見えないように間仕切った格子。LDK続きの洋室は採光引き戸でゆるやかに分けました。

STORY

阪神淡路大震災で被災しながらもボランティアの拠点となり、人々の心の支えとなってきた教会。
その目の前に建つ家。
家も家族にとっての支えとなる力があるのではないでしょうか。
外で頑張れるのは帰ってこられる家があるから。
そんな思いで設計しました。

DETAIL

建設地   神戸市長田区本庄町三丁目
敷地面積  81.04㎡(24.51坪)・ 82.08㎡(24.82坪)
建築面積  50.82㎡(15.37坪)・ 48.53㎡(14.68坪)
延床面積  100.02㎡(30.25坪)・ 95.44㎡(28.87坪)

PROBLEM
  • 間口の真ん中にごみステーションがある。(A号地)
  • 北側道路はセットバックが必要な上、電柱が邪魔で通りにくい。
  • 道路斜線も厳しく、3階建ては難しい。
  • 地区計画があり、制限が厳しい。
SOLUTION
  • 神戸市環境局との協議の上、近隣住民の方の同意をもらいゴミステーションを移設。ガレージと干渉しないようにした。(A号地)
  • 角地緩和を利用し、建蔽率を10パーセント増やし、効率よく間取りを取れるようにした。(A号地)
  • 関西電力と協議の上、道路のセットバック部分へ電柱を後退させることで、道路の有効幅を広げ、通行しやすくした。
  • 廊下や玄関などの共有スペースは最小限とし、部屋の面積を多く取れるようにした。
  • 最小限の共有スペースは狭く感じたり、使い勝手が悪くならないように工夫した。

Share

CATEGORY

RECENT POSTS

AICHLER

神戸市灘区篠原中町3-5-17
Tel 078-862-8531
営業時間 9:00 - 17:00
定休日 水曜・日曜・祝日
灘商会